EVENT

23

FEB

2016

宇宙・G空間技術イノベーションのグローバル展開と人材育成2016成果報告会

2016.02.23 13:30 - 17:30

東京大学生産技術研究所駒場コンベンションホール

  • CATEGORY:

文部科学省委託事業
「グローバルな学び・成長を実現する社会課題解決型宇宙人材育成プログラム」
平成27年度成果報告会

本プログラムは、課題の発見や分析から実際の解決に至るまでの社会課題解決の全ライフサイクルを念頭に入れ、宇宙インフラと地上インフラを統合してその解決に取り組むことのできる人材の育成と国内外でのネットワーク作り、プログラム運営を更に持続的、発展的に行うための取り組みを行っています。具体的には、タイやフィリピン、インドネシア、ミャンマー、ラオス、オーストラリアなどのアジア太平洋地域の大学や政府機関、企業、国際機関と連携し、現地の多様な社会課題を対象とした解決のためのプロジェクトを更に創出し推進しています。成果報告会では平成27年度の活動についてご報告致します。

日時: 平成28年2月23日13:30-17:30(13:00開場)
場所: 東京大学生産技術研究所駒場コンベンションホール
主催: 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(代表機関)
東京大学空間情報科学研究センター
東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科
青山学院大学地球社会共生学部
事業構想大学院大学事業構想研究科
定員: 150名
参加費: 無料
参加登録: 以下のURLより登録下さい
http://peatix.com/event/147249

13:30
|
13:45
挨拶
開会挨拶
久保信明・東京海洋大学海洋工学部准教授

文部科学省挨拶
松本和人・研究開発局次長
13:45
|
15:20
講演
基調講演1
“The Road to a Global Leader”
福原正大・(株)IGS代表取締役・一橋大学特任教授

基調講演2
「研究者から起業家へ人工知能でビジネスを変革する」
山本覚・データアーティスト株式会社代表取締役社長

GESTISS紹介
柴崎亮介・東京大学CSIS教授
「宇宙地理空間技術による革新的社会サービスコンソーシアム:GESTISS」の設立背景や、現在までの活動、これからの海外展開などの活動計画などについて紹介致します。

G-SPASE 2 活動報告
神武直彦・慶應義塾SDM研究科准教授
今年度より文部科学省委託事業としてスタートした「グローバルな学び・成長を実現する社会課題解決型宇宙人材育成プログラム」のビジョンと今年度成果を報告致します。

ポスター紹介
各プロジェクト学生(エレベータピッチ)
学生が主体となって推進している10のプロジェクトについてポスター発表を行いますが、活動の特徴や、成果、これからの計画について簡単に紹介致します。

ポスターセッション・休憩
16:00
|
16:40
学生プロジェクト成果報告
GNSS Base Station 土倉弘子・東京海洋大学
アジア地域におけるRTK-GNSS基準点局の設置およびそれによる測位精度向上に向けた取り組みを紹介致します。
Early Warning System 西野瑛彦・慶應義塾大学
準天頂衛星災害危機通報メッセージなど宇宙地理空間情報技術を活用したアジア各国での早期警報システムの機能性能向上による安全・安心のための取り組みを紹介致します。
Log Analysis 宮沢聡・東京大学
携帯電話のログデータやTwitterデータを用いて機械学習やデータマイニングを行うことによる、都市の魅力や課題の可視化についての取り組みを紹介致します。
Agri-Intelligence 平岡誠司・事業構想大学院大学
人工衛星によるデータやディープラーニングなどの技術を用いた農業モリタニングモデルによる、アジア各国での農業の革新、効率化の取り組みを紹介致します。
16:40
|
17:25
パネルディスカッション

「宇宙・G空間技術イノベーションのグローバル展開と人材育成」
モデレータ:神武直彦・慶應義塾SDM研究科准教授

・柴崎亮介・東京大学CSIS教授
・土倉弘子・東京海洋大学
・平岡誠司・事業構想大学院大学
・福原正大・(株)IGS代表取締役・一橋大学特任教授

モデレータ            神武直彦・慶應義塾SDM研究科准教授

17:25
|
17:30
挨拶
閉会挨拶
柴崎亮介・東京大学CSIS教授
18:00
|
20:00
懇親会
イタリアンレストランカポ(有料)
お申し込みはこちらから

東京大学生産技術研究所駒場コンベンションホール