NEWS

10

DEC

2017

2017 第8回マンスリーチュートリアル開催

2017.12.10 13:00 - 17:00

  • CATEGORY: マンスリーチュートリアル

第8回マンスリーチュートリアルは12月10日(日)に慶應義塾大学日吉キャンパスにて開催し、20名が参加しました。今年度最後のマンスリーチュートリアルでは、学生が1年を通じて取り組んできた学生プロジェクトの英語による成果発表と表彰を行いました。発表後、オンラインによる評価を参加者が行い、最優秀賞、優秀賞、学生賞(学生による評価が高い研究)を選出しました。

◇最優秀賞
Log Analysis (Saurav Ranjit, The University of Tokyo)
“Taxi Probe Data Analysis for Taxi Driver Profit”

◇優秀賞・学生賞
Agricultural Microfinance (Naomi Simumba・Akihiko Nishino, Keio University)
“Using Machine Learning and GIS for Agricultural Microfinance”

◇Asian Base Station (So Takahashi, Tokyo University of Marine Science and Technology)
「アジア地域のGNSS基準点利活用」

◇Small Robot (Rinho Sai, Keio University)
「自動芝刈り機」

◇UAV Mapping (Saurav Ranjit, The University of Tokyo)
“Precise UAV Mapping with Low Cost RTK-GNSS Receiver”

◇Public Health (Masanori Muto, Keio University)
“Alerting and Awareness Raising for Dengue in Urban Area by using Geospatial Information & Crowdsourcing”

◇Sports Analysis (Wataru Kenjo, Keio University)
“Sports Data Analysis for Improvement of Player’s Performance”

 また、審査の最中、G-SPASE修了生の平田大輔氏より「新事業の試み Challenge to the New Space Businesses ~What I’ve Learned from G-SPASE」と題して、スカパーJSAT株式会社における新規ビジネス開拓についてご紹介いただきました。G-SPASEプログラムの教育より“OBESRVATION”、“IDEATION”、“PROTOTYPING”の3つを学んだエピソードが印象的でした。
 G-SPASEプログラムの最終成果報告会は、2月22日(木)10:00-17:30に慶應義塾大学三田キャンパスで行われます。今回表彰された学生の研究成果発表、G-SPASEプログラムの集大成をお楽しみください。

学生プロジェクト発表の様子

最優秀賞・Saurav Ranjit氏(東京大学)

G-SPASE修了生・平田大輔氏(慶應義塾大学・現スカパーJSAT株式会社)