NEWS

16

JUL

2017

2017 第4回マンスリーチュートリアル開催

2017.07.16 13:00 - 17:00

  • CATEGORY: マンスリーチュートリアル

4回マンスリーチュートリアルは「宇宙から地球のどこまで見通せるか?」をテーマに、716日(日)に東京大学生産技術研究所にて開催しました。

 はじめに、東京大学研究員の大平亘氏より「リモートセンシングを理解するために知っておくべきこと」、次に東京海洋大の久保信明准教授より「RTK測位の重要ポイント」の講演がありました。前者では、衛星画像を使ったインドネシア、カンボジア、中国などの国における森林伐採の進行状況と無料の衛星画像を取得できる約20WEBサイトの紹介がありました。後者では、衛星のRTK測位(Real Time Kinematic:干渉測位方式)とPPP測位(Precise Point Positioning:精密単独測位)の違い、信号受信器の値段による性能の特徴、データ誤差の補正方法について解説がありました。

 後半には、6チームが学生プロジェクトの進捗発表を実施しました。次回はタイ・カオヤイ国立公園で開催されるサマースクールが予定されています。

大平亘研究員(東京大学)

久保信明准教授(東京海洋大学)指導の様子

柴崎亮介教授(東京大学)と学生